治験バイト 千葉

なぜ臨床試験が行われるのか?

臨床試験はメリットもデメリットも大きいのに何で行われるのかって事なんですが、これは医学の進歩に絶対に必要だからですね。

 

標準治療として行われている治療法も昔臨床試験をして今現在標準治療になっているだけですからね。 そして一番よい治療だという事で選ばれた方法になります。

 

ずっと歴史を差が登っていくと、過去にはおすすめしないような臨床試験の薬があって、それよりももっといいものを探していきたいって事で医学に進歩には臨床試験ってどうしても必要なんですね。

 

臨床試験を繰り返す事に寄って・化学療法・放射線・免疫療法の水準ってどんどん向上させる事が出来ます。

 

人類の将来の為にしか役に立たないのか?って事何ですが実際に治療を受けて頂く方にチャンスとして機会とし最良の治療、将来の標準治療を一歩手前で受ける事が出来る可能性があるって事ですね。

 

新しい治療へのステップだと思っていいと思います。

臨床試験っていうけど実験、人体実験なのか?

看護師さん注意点

治験、臨床試験って実験なんでしょう!って思う人も多いんでしょうけど、

 

実験ではなくて、治験、臨床試験が始まる前にもすでにいくつもの検査が始まっています

 

研究室でいろんあ基礎実験とか動物実験、行っていてもう十分に、人間、患者に投与してもよいレベルにまでなっています。

 

安全性と有効性とが分かってから人間に投与するので決して実験ではないんです。

 

まず最初にステップを踏んで、動物実験と基礎実験の後で患者さんとか被験者に投与するってことになります。

 

動物で有効でも人間に効くとは限らないので臨床試験で人間への安全性と有効性を評価するってことになります。


臨床研究の種類

臨床試験って色んな種類があるんですが、正しくない臨床試験のあり方がネットとかで賑わっていますが、臨床試験の種類には2つあって、

 

観察研究

 

介入研究

 

という2つに分かれます。

 

観察研究って言うのは患者さんの状況を色んな形でデータを写し取り、実際に薬を使わない研究を言います。

 

介入研究は、実際に薬を使って、使用前と使用後って言うのが存在する研究を言います。

 

その中にも医師主導臨床試験というものと治験っていうものがあります。

 

医師主導臨床試験って言うのは新薬ではなくて、すでに厚生労働省から認可を受けた治療法をyりどういった人に効くのか?薬と薬を組み合わせてもっと聞くんじゃあないのかって言う事を確認する事

 

特定の対象、高齢の方、2次治療とか3次治療とかできくんじゃあないかを確認する事。

 

治験は新薬開発、効果を確かめる臨床試験です。

 

 

≫治験(臨床試験)の登録はこちら