治験バイト 千葉

臨床試験(治験)で知っておく事について

新薬開発

臨床試験(治験)で知っておく事について紹介したいと思います。

 

臨床試験(治験)で知っておく事では、エンドポイントって言うのがあります、終わりっていう意味じゃあなくて目的っていう意味です。

 

プライマリーって言う一番って言うことなんですが、主要成果項目、一番見たい項目って言うのを決めて見ていっています。 治験では見たい項目とかってたくさんあるでしょうからね。

 

実際には統計的な判断をするんですけど、単に生存期間が延びたとか病気に対する効果があったとかていっても、疎の効果とかってたまたまかもしれませんよね。

 

治験での数値の平均を取っている訳なんで、たまたま効果があったり、たまたま効果がなかったリって事も考えられます。

 

例えば2人で臨床試験した時にどちらかは効いたり、効かなかったりする事もあるのでそれで良かったのか?って言うとそんな事はないと思います。 人数が少ないとたまたまとかまぐれとか、人間の自然治癒力で偶然的な事もあでしょうから。

 

10人で臨床試験して、効果ある人が多かった、病気改善になった、100にんで臨床試験した、1000人で臨床試験したってなったら、確率なんで人数多い方が数字に信用度が出てくると思います。 より数値に精確性が出ると思いますし。

 

数がたくさんになればいいですし、例えば10人と10にん対10人で見ても、どちらかのグループに差が出てくる事もありますし、大きな差でがあるんだったら少ない人数で見れるし、小さな差しかないんだったら多くの人数で見ていく必要性がありますからね。

 

統計的にこれは本当に差があるんだ!って確率的に計算する事が臨床試験(治験)では大切になってきます。

 

なので治験アルバイトって募集している訳dえ、治験ボランティアの人数が大量に必要な時も多いんですよね。 統計的に見てしっかりとした結果を出さないと新薬発売に至りませんからね。


千葉の治験

治験バイトって関東地区に多いんですが、千葉も治験の募集が比較的多い県になると思います。

 

JCVNとかV-NETっていう 治験の公式サイトでは千葉の募集が多いことで千葉とか東京、関東に住んでいる人にとってはラッキーだと思います。

 

色んなバイトがあると思うけど、高額稼ぎたいっていうのなら、治験バイトが一番かなって思うんですよね。

 

最初は安全なのかな?とか危険なことないのかな?とか副作用が気になっていたんですが、まあ経験してみて思ったのが、まあ別に心配するまでもないかなって感じです。