治験バイト 千葉

治験とは

治験ってよくきくけど、詳細って知っている人って結構少ないですよね。 今日はそこら辺を説明できたらなって思います!

 

あなたは新しい薬ってどうやってできるのか?って事について考えたことはありますか?

 

新しい薬がどうやって作られていくのかっていう過程とかを見ていく事にしましょう。

 

医者の説明

治験っていう言葉と臨床試験って言う言葉の意味は同じです。

 

治験ってウィキペディアで調べると医療品もしくは医療機器の製造・販売に関して薬事法上の承認を得るために行われる臨床試験って載っています。

 

で、この治験ですが、薬の最終テストだと思っていいですね。

 

たとえば風邪を引いた時に病院にいきます。 で薬を処方されます。

 

そういった薬はすべて治験という最終テストを通って私たちの元にきます。 ドラッグストアで売られている薬も全く同じですね。

 

薬だけじゃアなくて、サプリメントとか栄養ドリンク、最近では色んな物のパッチテストとかも治験を通っていたりするみたいです。

 

なので治験ってより身近な感じになってきています。

 

治験がなければ新しい薬って誕生しなくなります。

 

CRC・・・臨床研究コーディネーターっていう仕事もあったりします。

 

 

・治験バイト募集はこちらに登録すると見れます。

治験バイト体験談

私が参加した治験は薬を飲んで血液を何回か取られるって言う治験バイトでした。

 

薬の血液への溶け方とか効き目とか聞くまでの時間を実験するための臨床試験だったです。

 

採血は留置針という プラスティック製の針で血を取っていきますが、採血用の注射器なんで痛みとかそういったものはあんまり感じなかったですね。

 

薬の試験って聞くと新薬とかになるんで、どんな副作用があるか分からないので怖いと思う人も多いかもしれませんね。

 

新薬の治験ばかりじゃアなくてすでに発売されている薬の治験とかもあるんですよね。 特許切れのジェネリックの治験とかも受けたことがあります。

 

治験で注意するのは、治験開始前からお酒とかたばこグレープフルーツとかがとれなくなるって事があります。 治験のない様によって規制されるものは違ってきますけど。

 

食事は入院の場合はすべて病院が用意してくれます。 薬を飲む日は1日2食だったりする事もありました。 投与ない日は3食。

 

お風呂は時間が決まっているけど、毎日入れます。

 

治験で暇な時間ってたくさんあるとおもうけど、決まっている時間帯以外は自由です。

 

マンガ読んだりゲームしたい、インターネットしたりとか、家にいるのと変わらないですし、インドアの子とか引きこもりとか、ニートの人にはピッタリなバイトだと思いまいたね。